オンライン・コーディネーター研修

2021年度、

関係人口創出・拡大に向けて、

スペシャルゲストをお迎えできることになりました!

 

登壇頂くのは、福知山公立大学地域経営学部准教授/北近畿地域連携機構市民学習部長の杉岡秀紀(すぎおか ひでのり)さんです 

  

テーマは、

ニューノーマル時代における関係人口創出・拡大ー高校生・大学生の巻き込み視点を中心にー」です!

 

杉岡先生が歩まれてきた実績を踏まえて、

高校生や大学生をまきこむための視点を中心に、

ニューノーマル時代において、どのような関係人口創出・拡大の可能性があるか、

お話を頂きます。

 

 

コーディネーターを目指す方も、

新しい知見を得たい方も、

初めての方も、

おススメの研修になると思います(^^♪

 

よろしくお願いいたします!

 2021年12月11日(土)

 

 

19:00_挨拶_趣旨説明

杉岡先生のトーク

 

20:00_意見交換・交流

 

21:00_終了予定 

 

杉岡 秀紀 ( すぎおか ひでのり )

福知山公立大学地域経営学部准教授/北近畿地域連携機構市民学習部長。

同志社大学経済学部卒業、同大学院総合政策科学研究科修了。専門は公共政策、地方自治。同志社大学嘱託講師、京都府立大学講師(専任)を経て、2016年から現職。大阪市立大学大学院都市経営研究科非常勤講師(兼職)。総務省主権者教育アドバイザー(兼務)、厚生労働省地域雇用活性化支援アドバイザー(兼務)。その他全国市町村国際文化研修所、兵庫県自治研修所、滋賀県市町村研修センター、綾部市、与謝野町などにおいて職員研修を担当。

2019年度総務省「関係人口創出・拡大事業」モデル事業においては、福知山市が受諾した裾野拡大型(都市住民等の地域への関心を醸成する取組み)の一環として、大学側の責任者として福知山市・朝来市・丹波市、京都産業大学、龍谷大学などと連携しながら、地縁型関係人口の創出・拡大に取り組んだ。

関係人口の論文として、杉岡秀紀(2021)「コロナ禍におけるインターローカル型域学連携による関係人口創出ーオンライン関係人口に注目してー」『農村計画学会誌』40巻、1号、農村計画学会、14〜17頁、杉岡秀紀(2021)「ニューノーマル時代における大学と地域との連携による関係人口創出・拡大のあり方―公立大学の役割に注目して―」『都市とガバナンス』36号、1〜8頁など。

 

 

・無料

 

・さとまちガイドラボ コーディネーターに登録されている方

・テーマに関心のある方

・行政担当者、地元の方

・初めての方歓迎

 

 

オンライン

※予約後、前日までに、zoomアドレスをご案内いたします。

 

 

・A4用紙数枚

・マジック等

・筆記用具

・飲み物等(必要であれば)

 

 

兵庫県ふるさと応援交流センターひょうご関係人口案内所(さとまちガイドラボ)

※本イベントは、さとまちスキルアップ研修の一環です。

 

 

一般社団法人兵庫県地域おこし協力隊ネットワーク

NPO法人神戸まちづくり研究所

神戸まちづくりワークショップ研究会

特定非営利活動里地里山問題研究所 

 

以下の申込フォームよりお申込みをお願いいたします。

なお、前日12/10のAMまでで締切といたします。

※なお、申込者側のメール設定により、事務局の返信メールが届かない場合があります。もし、返信メールが届かない場合は、メール設定を確認頂くか、別方法により、ご連絡をお願いいたします。

https://ws.formzu.net/fgen/S52072928/