コミュニティ・ミッションの新たな可能性

~プロボノの先進事例を学ぼう~

 

さとまちガイドラボが展開する、

里山と街中の協定「コミュニティミッション」!

 

この新たな可能性を探るため、プロボノの先進事例を学びたいと思っています!

 

皆さんは、プロボノって言葉をご存知ですか?

 

何となく聞いたことはあるけど、どういうこと?

えっと、ネットで検索すると・・・

 

東京・関西を中心にプロボノプロジェクトを

2005年から進めてきた、

認定NPO法人サービスグラントさん。

 

その理念や実例をもとに、

プロボノから、

新しい視点を見つけたいと思います。

 

テーマは、

「プロボノが引き出す里山の新しい”見方”」

です!

 

・プロボノって何?

プロボノにおけるコーディネーターの役割

ビジネスのスキルを活かした、社会人の関わり方

 

ソトノヒトだけどナカノヒトの作法になる

ヒントがあると思っています!

 

コーディネーターを目指す方も、

コミュニティビジネスをめざすアンバサダーの方も、

新しい知見を得たい方も、

初めての方も、

おススメの交流会になると思います(^^♪

 

よろしくお願いいたします!

日程

 2022年5月28日(土)

 

当日の行程

10:00_挨拶_趣旨説明、ひょうご関係人口案内所について

 

10:20_プロボノが引き出す里山の新しい”見方”_事例紹介・意見交換

①サービスグラントさん↓

https://www.servicegrant.or.jp/

②プロボノ経験者 鈴木さん(参加プロジェクト 有限会社真砂)

https://www.servicegrant.or.jp/projectslist/masago_2020/

③プロボノ経験者 工藤さん(参加プロジェクト なんぶ里山デザイン機構)

https://www.servicegrant.or.jp/projectslist/nanbu-satoyama/

 

11:30_ひょうご関係人口案内所からの参加者募集、コミュニティミッションについて、交流会

 

12:00_終了予定 

 

→上記の内容で申し込みたくなった場合は、こちら↓

https://ws.formzu.net/fgen/S52072928/ 

 

ゲスト

鈴木敦夫さん

兵庫県姫路市出身。学生時代に中国(北京)に1年間留学、「今の中国は今しか体験できない」とよく旅行していました。大学卒業後に入社した海運会社では、中国(上海・天津)とシンガポールに約10年間駐在経験あり、社内ベンチャー立ち上げにも挑戦しました。昨年退職して現在、アジアの人たち向けのインバウンド観光事業を準備中。日本の魅力をより多くの海外の人たちに伝えられればと思います。

 

・工藤麻衣子さん

平日は企業に所属してカスタマーサポートに奮闘しつつ、空いた時間を活用してプロボノ活動に従事。2020年9月からは、ALSなど難病患者のコミュニケーション支援を行っている「ICT救助隊」をプロボノで継続サポートしながら、活動を通じて知り合ったALS患者さんの自立支援を土日限定で実施中。

趣味は山。テント泊したりトレイルを走ったり、疲れたら自然に還ってエネチャージしてます。 

参加費

・無料

 

 

対象

・さとまちガイドラボ コーディネーターに登録されている方

・テーマに関心のある方

・行政担当者、地元の方

・初めての方歓迎

 

 

開催場所

オンライン

※予約後、前日までに、zoomアドレスをご案内いたします。

 

 

準備物

・A4用紙数枚

・マジック等

・筆記用具

・飲み物等(必要であれば)

 

 

主催

兵庫県ふるさと応援交流センターひょうご関係人口案内所(さとまちガイドラボ)

※本イベントは、さとまちアンバサダー交流会の一環です。

 

 

協力

一般社団法人兵庫県地域おこし協力隊ネットワーク

NPO法人神戸まちづくり研究所

神戸まちづくりワークショップ研究会

特定非営利活動里地里山問題研究所 

 

申込先

以下の申込フォームよりお申込みをお願いいたします。

なお、前日5/27のAMまでで締切といたします。

※なお、申込者側のメール設定により、事務局の返信メールが届かない場合があります。もし、返信メールが届かない場合は、メール設定を確認頂くか、別方法により、ご連絡をお願いいたします。

https://ws.formzu.net/fgen/S52072928/